お手軽ベストアルバム - 受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お手軽ベストアルバム

バンド、ギタリスト、キーボード奏者、ソングライター、
エンジニア、プロデューサー、コンピューターソフト開発等…
多才な才能を持つトッドラングレン博士。
今回は彼が70年にソロデビューしてそこから83年まで
に残した作品を集めたベストアルバムです。

ベスト・オブ・トッド・ラングレンベスト・オブ・トッド・ラングレン
(1998/02/25)
トッド・ラングレンユートピア

商品詳細を見る


「ベストアルバムって金の無駄だよ。あの曲はあの曲順
だから生きるわけ。分かる?大体ベストアルバムって言う
のはシングルの寄せ集めでなんやらかんやら…」って語り
出す人は僕とは友達になれません 笑。

僕はトッドはベストアルバムから入りました。今もあんまり
持ってないけど、知らないアーティストのアルバムに手を
出すのって結構勇気要りますからね。
もちろんオリジナルで良い物をゲットしたらベストアルバム
って殆ど用無しになるんだけど、たまに聞くし、損したとは思わないよ。
とりあずベストでって感じで昔は買ってたなぁ。

「サムシング/エニシング?」での高評価とグランドファンク
レイルロードやXTCなどビックアーティストのプロデュース
でロック親父達からめっちゃ人気がある、というか有名な
彼ですが、僕の世代の人は彼の名前を耳にする機会が
少ないかもしれません。
これは「I saw the light」「Hello it's me」みたいな分かり
易いポップで良質な曲ばかり書くことをあえて避けるような、
まるでスーパースターになることを避けるような、彼のへそ
曲がりの性格がそうさせてるのかな、と思います。
よく難解な方向に走ってファンを引き離す。
HIT & RUNって感じですね。違うか!(ものいい風)
だからこのベストアルバムは彼の難解なところはできるだけ
排除してあるのでポップ職人としての彼を十分堪能出来るでしょう。
彼の曲を聞くと「昔のSF小説」を見たような印象を受けます。
時代を感じさせるけど新しいような…なんか不思議な感覚。
それはきっとポップな曲なんだけど、その中にプログレの要素
も含まれてるからでしょうか?奥の深さを感じますよね。
僕的にツボは…うーんムズイ、名曲多しですね。
初めは「We gotta get you a woman」「Love of the common man」
を良く聞いてました。「A dream goes on forever」も人気曲ですね。
音楽あんま聞かないのに買った人はついてますよ。


彼のバンドのアルバムは持ってないから
機会があったら買いたいと思います。


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovetoenglish.blog5.fc2.com/tb.php/74-1573bd0b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。