なま英語は速い。マシンガントークと向き合う - 受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なま英語は速い。マシンガントークと向き合う

CNNの強化編に進んで、残り3記事になりました。
キーファーサザーランド(24のジャック)と
自閉症のアマンダバックスのインタビュー。

インタビューは最難易度で、めちゃくちゃ速いです。
いやめちゃくちゃ速くなる部分があります。
今日ジュリアーニ前NY市長のインタビューを聞きましたが、
スピードの変化が激しくて速いところは苦労しました。

速い音声の特徴を3つ挙げてみると
  • 若者である
  • 会話である
  • 友達同士である

という事だろうか?
若い人は省略する部分が多いのと、頭と口の回転が速いので速くなります。
ヨボヨボのおじいさんはマシンガントークする姿は想像できませんね。

だからキーファーよりも市長を先に選んだんです。
でも市長も結構速かったけど ^^

インタビューは一応会話なので速いです。
逆にニュースのように用意された文章を読むのは1ランク遅くなりますね。

友達同士というのは、要するに
気心の知れた人ほど力抜いて話すので容赦がないということ。
自分は黒人の若者同士の会話は凄いという
ステレオタイプを持ってますが多分本当に速いでしょう。
というわけで、
  • ヨボヨボのおじいさんの
  • インタビューでない
  • ニュース系の音声

を選べば無理なくなま英語で学習できるのではないでしょうか?



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovetoenglish.blog5.fc2.com/tb.php/635-9eae632f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。