冠詞と、助動詞といきましょう - 受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冠詞と、助動詞といきましょう


今日は冠詞から行きます。

aとかtheですね。

冠詞は本当に難しいです。
完璧に説明できる人って中々いないと思います。

細かいところまで考えていくと
どんどんマニアックになっていきますので。

基本的には
「初めてのものはa、一度出てきたらthe」
という説明が有名ですね。

もうちょっと言うと
話している人の間で分かりきっている
ものにはtheが付くのです。

例えば「ちょっと駅に行ってきた」
と私が友達に話した時、友達はどこの駅か見当が付いています。

私が新潟県民なのに「え?どこの駅?沖縄の?」
と聞く友達はまずいませんよね?

だからI went to 「the」 station.です。

こんな理解で十分だと思います。

まぁあと一つ、
冠詞は名詞の前に来て名詞を修飾してますね。
なので見方を変えると形容詞だ、ということも言えます。


次は助動詞
動詞を助けます。そのまんまです。
だからcan(出来る)とかwill(するだろう)とかです。

あとはbe動詞とかhaveとかdoとかも
場合によっては助動詞になります。

例えば、
Do you play tennis?(テニスをしますか?)
一つの文に動詞は一つが基本です。

Doは疑問文を作る為に置かれていますね。
動詞ではなく助動詞になっているので
ルールは守られてるのです。

受験で有名なのはneedでしょうか?
needも同じように動詞と助動詞という使い方があります。

This car needs repairing.(この車は修理が必要だ)
needにsが付いてますから動詞ですね

He need not go there.(彼はそこにいく必要はない)
goという動詞を助ける助動詞です。
動詞ならneedにsが付いてるはずです。

こんなところでしょうか?

dareはちょっと複雑なので、また今度にしましょう

続きは前回のI don't know when he will come.
に何故willがいるのか



副詞は完全な文の後に付く
おまけのようなものだと説明しましたね。

つまりI don't knowで文が完成しているのか?
考えればいいわけです。

ここまでだと
「私は知らない」
これじゃ何のことかさっぱり分かりません。

何が分からないのか言わなければ
会話として成立しない、
そういう動詞があります(他動詞)

そういう動詞の後来る言葉は名詞やそれに相当するものです。

副詞でないので
whenの中でもwillありで書くというわけです。


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

いつも見させてもらってます!
勉強になりますね
更新頑張ってください

2011-05-01 12:37 | from Akaten | Edit

Re: タイトルなし

>Akatenさんへ
こんばんは
コメント+応援ありがとうございます。
沢山英語力アップに役立つことが
書ければいいなあと思っています。

よろしくお願いいたします

2011-05-01 17:16 | from smiley man

トラックバック

http://lovetoenglish.blog5.fc2.com/tb.php/611-720b73ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。