発音を学んで最初に気づいた事 - 受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発音を学んで最初に気づいた事


英語の発音を良くしてネイティヴのように話すんだ!
というのは英語学習開始時に抱いたひとつの夢。

あなたはどうですか?
  • そんな夢は諦めた
  • 発音なんて適当でも通じる
  • 読書とかTOEICには必要なし
なんて思っていますか。
僕の発音はネイティヴのようにはいかないです。
発音が通じるかも分かりません。

でもこれだけは言えます。
日本語と英語では発音がまったく違う。
という事です

日本語に無い発音が英語ではたくさんあるので
発音の勉強なしで音読を開始しても、
効果は半減
するでしょう。

僕自身の経験として、
僕は昔から洋楽を良く聴いていました
家でカラオケの練習も良くしていたので、
好きな曲を歌詞カードを見ながら歌っていました。

その後、
英語学習を開始し発音を3ヶ月ほど勉強しました。
そして驚くことを発見したのです。

それは、

今まで好きで歌ってた曲を歌おうとしても、
口が全く回らなかった
、という事です

その理由はなんでしょうか?


続きは次にします


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovetoenglish.blog5.fc2.com/tb.php/603-96824473

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。