Silver Blaze and other stories - 受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Silver Blaze and other stories

今回読んだのは「Silver Blaze and Other Stories」

Silver Blaze and Other Stories. Elementary Level (Lernmaterialien)Silver Blaze and Other Stories. Elementary Level (Lernmaterialien)
(2005/10)
Arthur Conan Doyle

商品詳細を見る


MMR3 YL2.8 語数 11800語 総語数 960888語

またまたシャーロックホームズです。
別に狙ったわけじゃないですが連続
になってしまいました
Other Storiesってタイトルにあるのは
大抵短編集です。これは3つのお話し
から構成されてました。
macmillan readerのシリーズはホント
読みやすいですね。自分が読めると
思ってるYLより高くてもいけると思います。


1つ目
Christmans前夜のお話。
Petersonはパーティーの帰り道ある男を
見つけます。彼はガチョウを肩に乗せて歩
いていました。しかし強盗が現れ、そこでfight
が起こるんですねぇ
その最中窓ガラスが割れてしまい、全員
その場から立ち去ります。Petersonが置
き去られたガチョウを持ち帰り食べると
中から出てきたのは

まぁ見てみてください。つか食べるんかい!
って感じですよね。人の物を。。。


2つ目
↓前回のとまったく同じ話しでした 笑
「ワトソン君目線」


3つ目
次々に壊されていくNapoleon像
しかしついに殺人まで起きてしまうんです
ね~。殺された男の持つある物を手がか
りにホームズは犯人と、その目的を暴いて
いきます。

面白いと思ったのはspringっていう単語です。
springはバネの意味なので
spring roundで「パッと振り返る」
spring on で「押さえつける」

みたいな感じになるのかなぁって
勝手に想像しながら読んでました。

知ってたら教えてちょ


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovetoenglish.blog5.fc2.com/tb.php/56-0ebb9b6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。