音読をやる意味とは - 受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音読をやる意味とは


英会話入門8月号は7月号に比べかなり簡単、、、な気がする。

スーパーイソップ×②効果だ、きっと。

8、9月号の2つをやったらあとは繰り返しのみで、

新しい文章にお目にかかれないと思うとちょっと悲しい。。。

でも、まだこの教材に出てくるフレーズを自分のものに出来ていない。


音読効果、

①口を動かせる(話す練習)
②インプットとアウトプットの中間動作
③前から英語を理解


という事がいえる。
自分の脳みそに英語を刻み込む。

超字幕をまた朝からやり、好きなフレーズはもう覚えてしまった。

それくらいにならないといけないよね。

英会話入門、いやラジオ英語は市販教材の中でも

かなり面白いフレーズ満載で興味深い物だ。

全部モノにしなければ!

1月号分を3ヵ月出来るかな?そうしよう。先は長いけど。


究極の英単語 Vol.4、また2000語(11000語レベル)に戻ってきたが、

既に10周やってるのにほとんど覚えてない。

恐るべし。。。

20周じゃ絶対足りない。30周にしよう。

辞書通読がしたいけど、目の前の教材を着実に。

急がば回れ Make haste slowly. 


頑張りまっしょい!



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovetoenglish.blog5.fc2.com/tb.php/469-38f1842c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。