ワトソン君目線 - 受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワトソン君目線

今回読んだのは「Sherlock Holmes and the SPORT OF KINGS」

The Oxford Bookworms Library: Stage 1: 400 Headwords: The Oxford Bookworms Library: Stage 1: 400 Headwords: "Sherlock Holmes and the Sport of Kings" (Bookworms)
(2005/10/20)
Arthur Conan Sir Doyle

商品詳細を見る


OBW1 YL2.0 語数5732語 総語数949088語 ★★★☆☆

ご存知シャーロックホームズのシリーズ。
King's Pyland で起きた謎の事件。
競争馬のSilver Blazeが消え、
そして馬の調教師が殺された。
一体犯人は何が目的だったのか?
事件が起こる前、ある男が厩舎(きゅうしゃ)を
訪れていたのが確認されている
が果たして。。。
周りは何も無い丘が広がるのみだが
誰もその馬を見つけられない。
馬はどこに消えたのか?

ホームズ君は殺された調教師が
持っていたあるものを調べながら、
注意深く事件を解明していきます。

それをワトソン君は見てる。ただただ見てる 笑

そんなワトソン君の目線に立って読者は
ホームズ君のショーを堪能できます。





ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovetoenglish.blog5.fc2.com/tb.php/45-16464fba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。