クリストファーバーナード先生の発音 - 受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリストファーバーナード先生の発音

「基本動詞+前置詞」イディオム 1000 2周完了


“英語のしくみ”が見える[基本動詞 + 前置詞]イディオム1000“英語のしくみ”が見える[基本動詞 + 前置詞]イディオム1000
(2006/06/10)
クリストファ・バーナード

商品詳細を見る


やっぱり3回とか少ない音読回数なので、全然覚えてない。

でもいいです。更にやればいい。

全ての教材がそうですよね。

それにしてもこの教材。音声の速さは何とかなんないのかね?


音の省略ってあるじゃないですか?

例えばnot to のtが重なって「ノットゥ~」みたいな感じになるっていうあれ。


でもこの教材はしっかり発音するのです。

「ノット、トゥ~」みたいに。


しかもcan’tを「カント」っていう。。。

イギリス英語ってヤツか。まぁこれはいいか。

大体イギリス英語ってなんだよ。イギリスが英国でしょ。


まぁこれもいいかぁ。


頑張るぞ~。


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

Re: クリストファーバーナード先生の発音

そういえば、アメリカ英語よりもイギリス英語の方が一個一個の発音を丁寧にするような気が・・・。

私はイギリス英語けっこー好きですv-238
なんか上品な気がして。

2009-10-28 11:12 | from YOSHIKO

Re: Re: クリストファーバーナード先生の発音

>YOSHIKOさんへ
こんにちは

>アメリカ英語よりもイギリス英語の方が一個一個の発音を丁寧にするような気が・・・。

へぇ、そうなんですか。僕みたいなのには親切でいいですね。
それにしても遅いですけどね。この教材は。


>私はイギリス英語けっこー好きです

まだ違いがいまいち。。。
アーティストとかも、なるべくアメリカに合わせてません?

聞く絶対量が足りないんですね、僕は。

2009-10-28 12:01 | from smiley man

トラックバック

http://lovetoenglish.blog5.fc2.com/tb.php/328-9b8fd9c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。