- 受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Dracula」を読みました。


Dracula, Level 3, Penguin Readers (Penguin Readers: Level 3)Dracula, Level 3, Penguin Readers (Penguin Readers: Level 3)
(2001/01/22)
STOKER

商品詳細を見る


PGR3 YL3.2 語数12000語 総語数1340256語


この本は2回目ですね。
再読ではないですけど、OBWで同じ本が出ていてそれで読んでました。

やっぱり1度読んで知ってる話しは簡単で良いやぁ。

っていうかこの本が簡単なのかな?
評価も☆だったしサラッと読めて文字稼ぎにバッチリです。


本の内容です。
「地面のベッドの上にいたのは Count Dracula。
初め、 Jonathan は彼は死んでいると思った。

彼の目は開き、顔は青白い。

口や鼻から息は出てこない。
そして心臓はなんの動きも示さなかった。

だが彼の目には Jonathan を怯えさせる何かがあった。」

ヴァンパイアの話しですが、これは有名なんでしょうね。

っていうかこれはバイオハザードですな。
ヴァンパイアに血を吸われた人間もヴァンパイアになっていく。。。

お~こわ。

でも弱点が結構あってニンニクとか十字架とか昼間とか。。。
居場所が分かってしまえばなんのことはない、って感じですが、
自分がやっつける立場ならかなりキツイだろうけど。

じゃ人間の弱点ってなんだろう?

色々物事を複雑にしすぎるところとか、
なんどやっても学べないところとか、
他人を理解できないところとか、

何かに縛られながら生きてしまうところとか?


いや、僕はですね、
1人の女を愛してしまうことかな・・・

ポジティブに生きようぜ!ヒーハー!(←ワンピース)


そういえばバイオハザードってどういう意味なんでしょうね?
僕は学校の研究室で微生物を取り扱ってますが、

菌に触れた道具で使い捨てのものは全て「バイオハザード袋」
なるものにぶっこみます。

危ないよ、って意味かな。


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovetoenglish.blog5.fc2.com/tb.php/283-2234d496

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。