偶然会った変人につけまわされたら。。。 - 受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶然会った変人につけまわされたら。。。

「Strangers On A Train」を読みました。

Strangers on a Train (Penguin Joint Venture Readers)Strangers on a Train (Penguin Joint Venture Readers)
(1999/11/09)
Patricia Highsmith

商品詳細を見る


PGR4 YL4.0 語数11000語 総語数1266221語

2冊目のYL4.0以上の本でっせ。
また☆評価のやつを見つけ出しました。もうレベル3の本と比べて、
ぱっと見で内容の濃さが全然違うような気がします。

早くもっと難しい本が読みたい。まずはこのレベルの本をスムーズに
読めるようにならんとだね。でも分からない部分もある。。。

どうしよう。。。

精読教材はもう増やす気ないしなぁ。今のところ。

全部もう一回やってダメならしかたない。他にもやらんといけません。。。


本の内容です


『「Guy、考えたぞ。そうだ!お前は俺の父親を殺し、俺がMiriamを殺す。
警察は俺たちを見つけられないさ。俺たちは赤の他人で、ただ電車の中で会った。
誰も俺たちをダチだと思わないだろう。完璧だ。」

Guy Hainesは電車でCharley Brunoに会い、それから人生が変わった。
Brunoの狂った計画を忘れようとするがGuyは狂気、嘘、そして死の世界に
だんだんと足を踏み入れていくことになる。

2つの殺人が次々に起こり ――― そしてもう逃げ場は無い。』


前半難しかったですが、後半からどんどん読めちゃってこりゃ大変。

面白かったです。最後の終わり方もなかなか良かったですね。
モヤモヤしたものが残らない感じの終わり方でした。


何故Miriamが仕事場に来ると仕事が無くなるのか?と
何故GuyがBrunoの要求を断れなかったのか
っていうのが正直謎ですが。


レベル4良いねぇ!


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovetoenglish.blog5.fc2.com/tb.php/260-4bf36e4d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。