恐怖のババァ - 受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖のババァ

「Psycho」を読みました

Psycho CD Pack (Book &  CD) (Penguin Longman Penguin Readers)Psycho CD Pack (Book & CD) (Penguin Longman Penguin Readers)
(2008/03/03)
Robert Bloch

商品詳細を見る


PGR3 YL3.2 語数9600語 総語数1082936語
この表紙の絵と、Psychoっていうタイトルから、超能力者とかから精神的に
狂わされる人物の話しか何かだと思ってから読みました。Psychoってなんていう意味
かは知りませんけども、Psychiatricは「精神医学」みたいな意味でよく出てきますよね。
正確に意味が言えなくても、なんとなくでやっていく。これが多読の極意らしい。
しかもなんとなくで大体合ってるんですよね、きっと。

従いましょう。

別に楽しむためだけにやってますからね。っていうか「TOEICの」勉強に対して
あまり意欲が沸いてこなくなってきてしまった。今年受けるかすら分かりません。
研究が忙しくなってきたのでね、TOEIC受けるたりとかしてるよりも、自分の
とりあえず満足できるレベルまで勉強を進めて、本も読みまくって、
そんで「TOEIC受けたらぜってぇ点数上がってるよコレ」って確信できたら受けよう。

TOEICって受けても僕は楽しくないし。。。
毎回受けてる人凄いと思いますよ。
あんなに長い時間座ってたら意識は飛ぶし、腰は痛くなるし、帰りたくなってくるし。
もう就職も決まったので、中途半端に点数上げてもしょうがないっちゃしょうがない。
しかも上がってるかも分からないですよ、ホント。

こんなに勉強してんのにねぇ。困っちゃいますわ。

前置きが長くなりました、話しの内容について
主人公のMarionはSamの父親の借金を返すために、お客から受け取った
4万ドルを銀行へ届けずに持ち逃げしてしまいます。借金を返せればSamと
結婚することが出来るから、と。
だけど逃げ込んだMotelに住んでいる狂った婆さんに殺害されてしまいます。
Marionに関わる人達が、彼女が帰らないため彼女を探してMotelに辿り着き
また狂った婆さんに。。。ってすっごい恐い話しですね、こんな婆さん嫌だ!

ペンギンもレベル3になると十分楽しめます、読書って良いですね。


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

Re: 恐怖のババァ

いろいろ読んでますね!私も多読に入りたい。。。
TOEIC、確かにきつい!!模試やっただけで途中寝てしまいましたが(恥)私はなんだか気になってまた受けてみたいと思うんです。M?(苦笑)英語学習は「英語でコミュニケーションが図れるようになるのが目的」だと思うので、勉強はお互い楽しくやりたいですね。そして次にふとTOEIC受けた時「やった!いつの間にかこんなに点が上がってるよ!」と喜べるようになってたらいいですね。そんなんTOEIC対策ちゃんとしないと無理なのかな???

2009-08-04 12:49 | from tursiops | Edit

Re: Re: 恐怖のババァ

>tursiopsさんへ
こんにちは

>私も多読に入りたい。。。

1日30分とかでも意外と読めますよ。寝る前とか、お風呂入りながらとか。
意外と時間はあるもんです。気が向いたら是非。
僕の読んでるのよりも難しい、内容の濃いストーリーやニュースも
読めるでしょうからきっと楽しいと思いますよ。

>私はなんだか気になってまた受けてみたいと思うんです。

僕も受けないわけではありません。ただ今は学校のスケジュール上の
関係で受けることが出来ないし、今の勉強のペースを崩したくないって
いうのがあります。TOEIC受けるとなると対策とかで結構時間がなくなりますから。。。

>そんなんTOEIC対策ちゃんとしないと無理なのかな???

他の勉強でも上がると思います。きっと。
同じ英語だ!楽しみながらやりたい!そういう気持ちが今は強いんですよね。
それなりに文法やら何やらやってますしね。

2009-08-04 16:18 | from smiley man

Re: 恐怖のババァ

あ~、ビックリした~!
smiley manさんが悪口言っているのかと思った!

2009-08-05 15:34 | from Nemo | Edit

Re: Re: 恐怖のババァ

>Nemoさんへ
こんにちは。

>smiley manさんが悪口言っているのかと思った!

笑。言葉がストレートすぎてビックリされました?
この本は映画の何ていうのかな?リメイク?ダイジェスト版?
適切な言葉が分かりませんが、映画でもあるみたいですね。

見たらきっと恐怖を感じると思います。
でもレヴューはそうでもないな・・・

2009-08-05 16:02 | from smiley man

トラックバック

http://lovetoenglish.blog5.fc2.com/tb.php/230-d1b5bad0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。