単語がわからん、でも読める - 受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単語がわからん、でも読める

「Knight at Dawn」を見ました。

Magic Tree House #2: The Knight at Dawn (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #2: The Knight at Dawn (A Stepping Stone Book(TM))
(1993/02/16)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る


MTH YL2.5 語数5218語 総語数1062956語
「Magic Tree House」シリーズの第2巻です。
前回の話しは恐竜の世界にワープして、そして家に戻ってきたところ
で終わりましたが、今回は家に戻ったJackとAnnieが眠りについた
後のところから始まります。
恐竜の次は「お城」です。お城の中に入って色々なところを探索する
Jack達。ついに城の中の大人たちに見つかってしまい、
部屋に入れられ手錠をかけられそうになりますが、あるものを使って
彼らをおどかし脱出することに成功します。
城から出た後、ある人がMagic HouseまでJack達を運んでくれる
のですが、その理由は分からないままですね。
こんな感じでなんでか分かんないけどJack達
に味方をしてくれる人が物語に毎回出てくるんでしょうか?
帰ったJackが今回持ち帰ったのは本に挟まれたBookmark。
前回拾ったMedallionと同じ文字が書いてあります。
何か関係があるのでしょうか?

やっぱり単語が分からないのでほとんど予想で読んでますけど、予想で
読んでる割には満足度が高いのは、意外と単語の予想が当たってるんで
しょうね。細かいニュアンスとかは分からないですけど。
やっぱそこら辺はネイティヴに聞いてみないと分からないのかも。
辞書を調べるのはあまり推奨されてないですからね、多読では。

辞書は再読時に使いたいと思います。


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovetoenglish.blog5.fc2.com/tb.php/225-061d839d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。