呪いの話かと思ったけど。。。 - 受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪いの話かと思ったけど。。。

「The Ring」を見ました。

"The Ring": Level 3 (Penguin Longman Penguin Readers)
(2008/04/02)
Bernard Smith

商品詳細を見る


PGR3 YL3.2 語数13000語 総語数1029988語

主人公のおじさんの家の近くに住んでいるRafael。言うことは
いつもRingの事ばかりで狂ってしまっています。主人公は医者に
なり、彼を助けることが出来るのではないかと考えておじさんから
Rafaelに関するストーリーをどんどん聞き出していきます。
Rafaelが恋に落ちた女Anita。Anitaと同じ日に村から消えた
Soldier。そしてRafaelが彼女の為に働いて手に入れたRing。
ほとんどは主人公のおじさんが語る昔話、Anitaの妹が見た物の話し、
Anitaが書いたストーリー、おじさんの妻が聞いた話、そしてRafaelが
死ぬ前に告白する話でストーリーが繋がっていくので、
自分が主人公になったつもりになって、
つまりは話を聞いている立場という感情移入のしやすさがある
ので、どんどんページをめくることが出来ました。
次はどうなるんだ?ってドキドキしながら見れました。いや~YL
も3以上になると相当ストーリーがしっかりしていますね。
これはPGR3を代表する1冊なのでこれ並に面白いのがどれくらい
あるかは分かりませんが、楽しみにしてましょう


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovetoenglish.blog5.fc2.com/tb.php/207-cc1099ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。