ここ掘れザクザク - 受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ掘れザクザク

「Story of the Treasure Seekers」を読みました

Story of the Treasure Seekers, The, Level 2, Penguin Readers (Penguin Readers Level, 2)Story of the Treasure Seekers, The, Level 2, Penguin Readers (Penguin Readers Level, 2)
(2000/03/28)
Nesbit

商品詳細を見る


PGR2 YL2.2 語数6300語 総語数992188語

母を亡くし、父と兄弟6人のバスタブルー一家ですが、
父の事業がうまくゆかず、貧しい生活を送っていました。
そこで兄弟小説を書いて売ったり、人を襲った後
何食わぬ顔でその人を助け、お金を奪い取ろうとしたり
近所の嫌いな子供を誘拐してそのおじさんから身代金を要求したり。。。

え~!って感じの方向に突き進む。
子供は子供らしく宝探しをしてるのが一番良いんじゃないでしょうか

この作品は、E. Nesbit の処女作です。
先日読んだThe Railway Children も彼女の作品らしいです。
別に狙ったわけではなく全くの偶然。


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovetoenglish.blog5.fc2.com/tb.php/206-cf210ff6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。