息子と父親は敵同士です - 受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子と父親は敵同士です

「パパってなに?」を見ました。多分ロシアの映画ですね。

パパってなに? [DVD]パパってなに? [DVD]
(2001/06/25)
ウラジミール・マシコフエカテリーナ・レドニコワ

商品詳細を見る


主人公は戦争で父親が亡くしたサーニャ少年
だけどサーニャが生まれた時には父親はもう居らず、母親のカーチャ
住むところを探して電車での旅をする生活を続けていました。
そんなある時電車の中で出会ったトーリャという軍人と母親が
恋に落ち、突然サーニャの父親になってしまいます。

名前似過ぎやっちゅうねん!

トーリャおじさんのお陰で住む部屋を確保することが出来ますが、
サーニャ少年は自分から母親を完璧に奪ってしまったおじさんに
対して敵対心を持つようになります。
若い男女が2人。子供は邪魔者扱いです。
1人で外で遊ぶように言われるサーニャ少年は、
他の子供にいじめらてしまいますが、
おじさんは「やられたらやり返す」事を教えます。
母親とは違う教育の仕方。
ただ単に子供を部屋から追い出すための口実のような気もしましたけど。
だけどトーリャおじさんは軍人ではなく詐欺師で泥棒でした。
住処を確保したら近所の住人から金を盗み出し、また次の旅に出る。
そんな生活をしていました。母親は彼の悪事を知っても旅を共にします。
段々と罪の意識に押しつぶされていく母親。
おじさんは結局悪事がばれて捕まってしまい、母親も遂には。。。
残されたサーニャ少年はその後どうなるのか。。。

話しとしてはまぁまぁでしたが、時代を感じましたね、やっぱり。
どうやら僕は昔の映画を見ると登場人物にイライラしてしまうようです。
特に主人公が子供の場合だとそうなのかもしれませんね
今回イライラしたのは母親ですが。
あとロシアってのが今まで見た映画とは違うような違和感を感じます。


結局パパって何よ?


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovetoenglish.blog5.fc2.com/tb.php/168-f507ccc4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。