歌詞を載せないのはやめてくれ! - 受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌詞を載せないのはやめてくれ!

Seal「Seal Ⅱ」

IIII
(1998/11/15)
シール

商品詳細を見る


最近のアーティストって全然知らなくて、グラミーに
入ってる曲しか聞いていない僕ですが、
Sealはグラミーに入ってた中でも結構良さそうだな、
と思いながら聞いていましたよ。
ソウルとロックとハウスミュージックをあわせたような曲作りらしいです。
プロデューサーはトレバーホーン。元イエスのメンバー
という事でプログレっぽい雰囲気がほんのかすかに
感じられるのは彼の影響でしょうか?
ハウスミュージックっていうのが僕にはピンと来ないんですが、
全体的にかなり落ち着いた曲作りをしていてとてもクールです。
あと結構歌詞が絶賛されているようですが、彼は歌詞を載せないです。
「僕が何を歌っているかよりも聞く人が何を感じるか」
が重要なんだそうで、
僕なんかは「分かったから歌詞載せといてくれ!」って感じですが、
多分日本語訳を見て皆さん感動されてるみたいですね。
僕は見ないで返しちゃったのでその深さは分からない 苦笑。
6曲目の「Kiss From A Rose」が人気みたいですが、
僕的には1曲目の「Bring It On」がツボでした。最初の、
ブリギノ~ン!ノ~ンノ~ンノ~ン(←エコー)
でいきなりもってかれました。
あと「Prayer For Dying」も良いですね。死への祈りって事でしょうか?
でもDyingは「死にかけ」って意味じゃなかったっけ?
Prayer For Death とは言わないんですかね
そもそも死への祈りってなんだ?
あ~対訳歌詞ちゃんとチェックしときゃ良かった!


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lovetoenglish.blog5.fc2.com/tb.php/123-c2cbabbf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。